{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
在庫の確認・ご相談は  06-4391-9788 (平日 10:00〜17:00)

たのしい羽子板セット(2枚入)

商品番号 204901139

今期分完売しました。ありがとうございました。
木製の羽子板のキットです。羽子板と羽根が2つずつセットになっていますので、千代紙で飾り付けたり、自由に絵を描いたりして仕上げて、お友だちや家族と羽根つきを楽しんでくださいね。お正月のイベントにおすすめです。
在庫:取り寄せ

一人分目安:745円 
作成時間:30分 
サイズ:約9.5cm×33cm×厚さ1cm
販売価格 ¥ 1,490 税込
[ 14 ポイント進呈 ]
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

国産羽子板でお正月あそび

無地の羽子板と羽根の2枚セットです。
羽子板は、建築材などの端材を有効利用して作ったもので、子どもでも持ちやすい細いグリップに仕上げられています。現在は、国産の杉材を使用しています。羽根の黒い部分は「むくろじ」という木の実を使っているので、打つとカンカンといい音がします。
千代紙で飾り付けたり、自由に絵を描いたり、彫刻したりして、オリジナルの羽子板を作りましょう!

同封の説明書に、羽子板の歴史や遊び方、羽根つきうたが載っていますので、参考にしてくださいね。お正月飾りとして飾っても素敵ですが、お父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃんに教えてもらって、一緒に羽根つきを楽しみましょう!

羽子板の歴史

室町時代に中国から伝わり、当時は、宮中で遊ばれていました。江戸時代には、歌舞伎役者の顔をかたどった押絵羽子板が大流行し、正月用品として市で売られるようになります。その後、遊びの道具として定着します。明治時代、東京の下町では、凧上げに羽根つき、こま回しなどが、交通妨害になるということで、禁止されたとか!?
今でも、「一年間、病気をしませんように」という願いをこめて、女の子の初正月(赤ちゃんが生まれて初めてのお正月)に羽子板を贈る風習があります。羽根が飛ぶ様子が、蚊を食べるトンボの姿に似ていることから、子どもが蚊にさされて病気にならないように、というおまじないの意味があるそうです。

ご注意ください

・自然のものなので、木目の出方や色合いは様々です。
・表面がざらついたり、ささくれが残っている場合があります。紙やすりで軽く削ってからお使いください。
・周りにぶつかるものがない所で遊んでください。

【セット内容】
・羽子板 2枚
・羽根 2個
・千代紙 3色(アソート)
・紙やすり 1枚
・説明書


作り方

【準備するもの】
・マジック、ポスカ、絵の具など ・はさみ ・のり ・下に敷く新聞紙 ・布やテープ(グリップに巻く場合のみ)

まず、木のささくれが気になる場合は、紙やすりで削ります。羽子板の片面に絵を描いたり、千代紙で飾り付けたりするだけで完成!もう片面は、羽根を打つので、何も描かないでくださいね。もしグリップが痛い場合は、お好みで布やテープを巻き付けてください。

自由に絵を描きます。

千代紙を貼ってもかわいい♪

広い所で遊んでくださいね!


商品写真を広告宣材としてご利用の場合

商品写真は、ご注文後、お使いいただけます。掲載している写真には、ご利用いただけない写真も含まれますので、ご利用の場合は、通信欄よりお知らせください。WEB掲載の写真より大きなサイズの写真が必要な場合は、ご注文時にお申し付けください。 ご注文前に、カタログや告知ちらし、WEB、一般公開のSNS等に、無断で掲載することは、トラブルの元となりますので固くお断りいたします。

ご注文後の変更・キャンセルについて

当店からの在庫確認メール(またはFAX)送信以降は、発送前であっても、原則、ご注文キャンセルはできませんので、ご発注の際には、お間違いのないよう、事前によくご確認をお願い申し上げます。 ご注文数量が確定しない場合、ご注文時に通信欄から承っていた場合に限り、ご注文数量の20%減まで変更可能です(代金引換・前払振込のみ)。事前にお知らせがない場合の変更は承ることが出来ませんのでご了承ください。