ページの先頭へ

TUKTUK子供工作館 > etc > 工作キットの作り方 > 電子工作キット ソーラーかもめの作り方

ソーラーかもめの電子工作に挑戦!

 

かなり細かいパーツが多い、電子工作です。

こちらのページでは、スタッフが作っている様子をご紹介しますので、作り方の参考にしてくださいね。

詳しい作り方は説明書をご覧ください。

ソーラーかもめのご購入はこちらからどうぞ。


【準備したもの】 はさみ(必須) 動作確認のため、60W以上の白熱灯。本当はニッパーが要りますがなかったのではさみで代用しました。 



    まずは、ソーラーかもめ工作キットをご用意ください。


    一番初めに、ソーラーパネルを白熱灯にあて、モーターが動くかどうかを確かめてください。


    万が一、組み上がってから初期不良に気づいた場合、組立の労力が無駄になってしまいます。
 

  • モーターにピニオンギアを差しこみます。少し深めに差しこんでください。

    ものによっては穴が小さくて、差しこみがすごく固いものがあるので、力任せに差しこんでシャフトを折ってしまわないように注意してください。


    うまく入らない子がいたら、大人の方が手伝ってあげてくださいね。


  • 部品を切り取り、組み立てて行きます。

    ニッパーがなくても作れるといえば作れるのですが、

    切り残しがあることで、見た目が不細工だったり、はまるべき場所に部品をはめずらくなったりします。




  • ソーラーパネルの向きを確認して

  • 両面シールで固定します。




  • くちばしと目をとりつけて


  • リード線をぎゅっぎゅと押しこんで配線してから、モーターを固定します。

    リード線は邪魔にならないよう奥まで押しこんでください。


  • 翼をカットして・・・

  • 本体にはめこみます。

  • ここからがとっても難しいです!


    まずはギアシャフトにカムを取り付けます。
    説明書を参照してくださいね。


    固いかもしれないので、大人の方が手伝ってあげてください。

  • ギアを胴体に取り付けます。

    必ずギアどうしがかみ合うように、説明書通りに置いてください。


    モーターが浮かないように、うまく配置してください。

    写真では少し浮いてしまっていますが、モーターのピニオンギアを深く差し込むと組立やすいかもしれません。

  • 水平にしたまま、上の胴体パーツをはめこみます。


    ギアの接触状態がずれないように注意して胴体パーツを取り付けてください。


    胴体パーツがはまったら、白熱灯にあてて、翼が動くかどうかチェックしてください。



  • 吸盤用の支柱の針金は2種類ついています。窓用と、テーブル用です。

    今回はテーブル用を利用しました。


  • パーツをはめて

  • かもめに差しこみます。

    どうやら深くは入らない模様です。


    そのままでは、カモメの重さで、びよーんと前かがみになりますので、針金を少し曲げて、良い角度に調整してください。


  • 完成!
 

 

まとめ

所要時間は、箱には45分と書いていますが、なかなかうまく飛んでくれず、やり直しの時間込みで45分まるまるかかりました。人によると思いますが、細かいパーツが多いので、やはりイベント時間は45分から60分くらいはみておいた方がいいと思います。

動作確認のために、必ず白熱灯はご用意ください。室内だとまず動きません。屋外でも曇りの日は動きません。

普通は使いませんが、万が一パーツの大きさが合わない場合のために、カッターやキリを主催者さま側で少しだけ用意していただいた方がいいかもしれません。

ソーラーかもめのご購入はこちらのページからどうぞ。