ページの先頭へ

TUKTUK子供工作館 > 工作の種類から選ぶ > 粘土あそび > 木のねんど もくねんさん300g

もくねんさん(300g)

木のねんど もくねんさん300g

エコイベント幼児OK高齢者OK

商品番号 201400114

乾くと木になる粘土。キーホルダーつくり、鉛筆作りにもおすすめ。
えんぴつのおがくずから作られている環境にやさしい粘土です。

在庫:あり
サイズ:300g

販売価格324円(税込)

[3ポイント進呈 ]

数量
ご注文後のご注文内容変更は原則承れません。
やむをえず数量変更が予想される場合は、買い物かごの通信欄にてその旨お知らせください。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

鉛筆の製造過程で出るおがくずを粘土として加工した、環境にやさしいおがくず粘土。

乾くと木のような風合いになるため、本来、木で作るような色々な作品作りが楽しめます。
2から3日乾燥させると、水分が抜けて非常に軽くなり、水にも浮きます。

乾いた状態では、クレヨン、色鉛筆、マジック、アクリル絵の具などで簡単に色をつけることができます。

ドアプレート、貯金箱、木の船、鉛筆立て、小物入れ、おもちゃ、キーホルダーなど、自由に作ってみてくださいね。

サンドペーパーで削ったり、木工用ボンドで組み立てたり、彫刻刀で削ることもできますよ。

ご注意ください

・型はセットに含みません。必要に応じて別売りのものをお買い求めください。
・製作時、鉛筆のけずりかすの香りがかなり強いです。乾燥とともににおいは薄まり、気にならなくなります。
・製作に入る前に必ず手を洗ってください。
・乾燥しやすいため、ご購入後、お早めに使い切ってください。

【セット内容】
木のねんど(300g) 説明書


作り方

【準備するもの】
粘土を作るときは、用意必須なものは特にありませんが、色々な道具をご用意いただいた方が、作るもののはばは広がります。
●糸、または、はさみ (粘土を切り分けるときに便利) ●竹ぐし (細かいところの細工用) ●粘土型(キーホルダーや小物など、面白いものが作れます) ●ねんど板 ●のし棒 ●ウッドペイント または食用色素(色を練りこむ場合) ●アクリル絵の具やマジック、色鉛筆、ウッドペイント(乾いた粘土に色をつける場合)+パレット、水入れなど

指人形を作ったり、キャラクターを作ったり、工夫で色々なものが出来ます。はさみで切り込みをいれるとタコの足も簡単に。





もくねんさんはこんな風に、丁寧に愛情こめて作られています。(工場見学の様子)

お客様の声より

失敗を恐れず、みんな工夫して素敵な作品に仕上げました

 

幼児さんから小学6年生まで参加しました。木の粘土は、初めて使う子がほとんど。におい・感触、いつも使っているものとは違い、これが乾くと木になるのが不思議なよう。途中、鉛筆の芯が ポキッ!と折れてしまう子もいましたが、そんなの平気平気。失敗を恐れず、みんな工夫して素敵な作品に仕上げました。(石川県 かまゆみお絵かき教室様)

「自分で作ったえんぴつで書くと字が上手くなるんだ」(抜粋)

父の日イベントで木の粘土工作とペーパークラフト遊びをおこないました。15名の参加者ですが 付き添い者も一緒で30名の方が粘土を手にしました。 型抜きは、何を作っていいのか戸惑う方にとってはストラップ作りが、木の粘土を扱うきっかけとなりました。 大人も子供も楽しんで取り組む事ができました。鉛筆も個々にユニークな形ができあがっていました。 「自分で作ったえんぴつで書くと字が上手くなるんだ」と言いながら、鉛筆作りに集中していましたよ。 地球にやさしい粘土(土にかえる粘土)である事を述べ アートセラピーのアトリエですので、崩していいものである事 こういう作り方もしていいと言う自由な気持ちで取り組む事を主旨としました。 直接触れる事で 生き生きとした感情の動きが表現される事 攻撃性やいら立ちを包み込み 気持が安定する画材の一つである事を 体験していただきました。 ですので次から次に変化しては消えていき形にならない作業も、 木の粘土でできました。耳たぶの柔らかさがいいですね。 最後はオリジナルの箱を作り お父さんへ素敵なプレゼントが出来上がりました。 ありがとうございました。

(京都 アトリエhouse・スペース16 様)

お客様の声は他にもたくさんいただいています。こちらからどうぞ!