ページの先頭へ

TUKTUK子供工作館 > 工作の種類から選ぶ > 組み立て > 木工工作 > バードハウス工作セット

バードハウス工作セット

バードハウス工作セット

商品番号 204900685

天竜杉で作る、シジュウカラ・スズメ用の巣箱の工作キット。2種類のデザインから選んで作ることができます。

在庫:あり
一人分目安:1490円 
作成時間:40分 
サイズ:片流れ屋根:約18cm×26cm×高さ30cm 切妻屋根:約19cm×20cm×高さ30cm

1個1,490円(税込)

[14ポイント進呈 ]

数量
ご注文後のご注文内容変更は原則承れません。
やむをえず数量変更が予想される場合は、買い物かごの通信欄にてその旨お知らせください。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

日本の天竜杉で作る、バードハウス(巣箱)の工作キット。
天竜杉は、静岡県原産の淡い赤色の木肌が特徴で、耐久性・耐水性のある木材です。

巣箱は、片流れ屋根と切妻屋根(三角形の屋根)の2種類のデザインから、選んで作ることができます。
切妻屋根巣箱を作る場合のみ、のこぎりでのカットが必要です。それ以外の板材は、すべて加工済みですので、モクネジで留めていくだけで作ることができます。板材は、片面のみ、かんな加工してあり、もう片面は製材されたままの荒い木肌です。お好みの面を外側にしてください。巣箱の掃除や営巣状況を確認するために、屋根は簡単に取り外しができる構造になっています。

シジュウカラ・スズメ用の巣箱として、出入口の穴径は30mmにしてあります。設置する場所によっては、ヤマガラ・ヒガラなど他の野鳥も巣箱を利用します。巣箱は、野鳥が卵を産み、かえす場所であって、ねぐらではありません。巣箱を利用するのは、3月〜7月頃ですので、10月〜2月頃に設置するのがいいでしょう。高さは、地上から3mぐらいの高さが必要です。シュロ縄でしっかりと固定してください。
耐用年数は、設置場所の環境によりますが、約3年です。定期的に補強や補修を行ってください。

説明書には、野鳥と巣箱についての豆知識が載っています。巣箱を作り、設置する際の参考にしてください。

ご注意ください

・ささくれが残っている場合があります。
・巣箱を設置する際は、季節や場所などに注意してください。危険ですので、必ず大人の方が設置してください。
・耐用年数は、約3年です。
・商品の仕様は、予告なく改善・改良をする場合があります。ご了承ください。

【セット内容】
・材料一式
・モクネジ 20本
・ヒートン 2個
・針金 1本
・シュロ縄 1本
・説明書


作り方

【準備するもの】
・プラスドライバー(No.2) ・のこぎり ・はさみ ・定規 ・セロハンテープ ・塗装する場合は、水性ペンキかアクリル絵の具

まず、どちらのタイプの巣箱を作るか選んでください。切妻屋根の巣箱を作る場合は、側板をのこぎりで切断します。後は、説明書に従って、板材をモクネジで留めていくだけです。シジュウカラ専用の巣箱にする場合は、穴径を27mmに調整してください。樹木への設置は、シュロ縄でしっかりと固定してください。


左:片流れ屋根巣箱 右:切妻屋根巣箱