ページの先頭へ

TUKTUK子供工作館 > エコイベント > せっけんねんど

せっけんねんど

せっけんねんど

エコイベント幼児OK高齢者OK

商品番号 201300103

せっけん素地を主成分とした粘土です。環境とお肌にやさしく、絵の具で色付けもカンタンです。完成後は、せっけんとして使うことが出来ます。200gで2〜3個できます。

在庫:あり
作成時間:30分 
サイズ:200g

販売価格360円(税込)

[3ポイント進呈 ]

数量
ご注文後のご注文内容変更は原則承れません。
やむをえず数量変更が予想される場合は、買い物かごの通信欄にてその旨お知らせください。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
粘土細工を楽しむことができる年齢なら、誰でも作れる、簡単手作り石鹸です。
お雛様、兜、花、など、作るものを限定することによって、季節に応じた色々なイベントに応用させることが出来ます。

この袋1つで、通常の手洗い石鹸が二つできる位の量です。
色付けは、絵の具を練りこむ、上から絵の具を塗る、の2パターンですが、上から塗る場合、石鹸として使用する際に、すぐに色が落ちてしまいます。

・柔らかいときに水性絵の具、香料を混ぜ込むことができます。
・冬場は粘土が固くなりやすいため、温かい場所でご使用ください。
・半乾燥時、水性絵の具で着色が可能です。(乾燥後は絵の具をはじく場合があります)
・形を作ってから、1週間から2週間乾燥させてください。

・作り方については、せっけんねんどの作り方をご参照ください。

ご注意ください

・安全性の高いせっけん素地を使用しておりますが、お肌に異常を感じた場合は使用を中止し、専門医に相談してください。
・一度乾燥すると元に戻せません。


作り方

【準備するもの】
絵の具 絵付けする場合は筆・絵の具・パレット ねんど板、へら、竹串なども、作るものに応じて適宜準備してください。

はじめに、好きな色の絵の具を粘土に練りこんで、よく練って馴染ませます。その後、好きな形を作って、模様をつけて、完成。 1週間乾燥させれば、石鹸として使えるようになります
作り方や、イベント開催における注意事項については、こちらのページをご参考になさってください。
せっけんねんどで自分の石鹸を作ろう





お客様の声より

「ほんとうにこれってせっけん?」


せっけんねんどは、色の混ざりもよくとても面白い素材でした。せっけんであることを忘れてしまうほどの楽しい作品つくりでした。
「ほんとうにこれってせっけん?」と色のついた手を洗って驚きの表情も楽しく拝見しました。この作品は、子どもたちの自由な発想と保護者のアドバイスで完成した作品の一部です。 (放課後子ども教室 M様)

 

絵の具をぐちゃぐちゃにこねまわす子どもたちは、実に幸せそうです。(抜粋)

c_soap1.jpg c_soap3.jpgc_soap2.jpg

c_soap4.jpg soap-sample.jpg

アトリエは 普段子どもだけで参加なのですが、夏と冬二回ほどお母さんがたも巻き込んで触感や色を楽しんでもらっています。なにせ自宅マンション一室でやっているので、一度に見られる子どもは4人ほど。それでも広さが足りない状態です。ビニールで養生して、床も使うので・・・。絵の具をぐちゃぐちゃにこねまわす子どもたちは、実に幸せそうです。子どもたちのキラキラした表情は 残念ながらお見せできないのですが、作るの大好き!!(子どもって基本そうなんですけどね)な子どもたちなので作品の表現が自由奔放ですね。子どもたちに不可能を説いても 意味が無いと思いました。だってそれって 限界を大人が決めちゃっているってことですものね。驚かされることはよくあります・・・そう使うか!なんて。(神奈川県  アトリエC様)

子供の想像力の豊かさに大人たちはちょっと嬉しかった様です

幼稚園以後久々のねんど遊びを、大人も子供も楽しむことができました。製作中は誰もが真剣でシーン。。。となることもしばしばでした。絵の具で手を汚しながらこね、手を洗い、また新たな絵の具で色づけ、手を洗い...の繰り返しでした。子供たちは思い思いの作品を作り上げ、子供の想像力の豊かさに大人たちはちょっと嬉しかった様です。最後に、各々の作品紹介をして家に持ち帰ることができました。
せっけん粘土を使った感想ですが思ったより手にくっつかず、紙粘土のような印象でしたが、絵の具を混ぜると手にくっつく感じでした。お答えのとおり、ダンボールにはくっつきませんでした。作業するテーブルの下に敷物のブルーシートを敷きましたが、大正解でした(^^)V粘土をこねているうちに細かいカスがたくさん出るし、絵の具も多少落ちましたが、シートのお陰で掃除も片付けも簡単でしたので。水道は近くに複数あると作業がスムーズですね。何度も手を洗っていましたから。手拭もいりますね。パレットは必要ないと思われました。後で洗うのも大変ですし、絵の具は直接粘土の上に出すので。後の色付け用には使い捨てできる食品トレーなどが便利かと思いました。持ち帰るのにも、食品トレーが活躍しました。
作業時間は、1時間の作業時間で、1年生では半分使った1作品。高学年では全部を使って2作品程度ですが、個人差がかなりありました。子供たちは凝ったものを作ろうとしたり、案がまとまらないので、説明を含めると1時間では足りない様ですね。
最後になりましたが、tuktukスタッフの皆様には本当に色々とご親切に対応していただき感謝しております。(子ども会 K様)

お客様の声は他にもたくさんいただいています。こちらからどうぞ!