ゼロイチが一番むずかしい

投稿日:

春ですね。
新生活に向けて期待と不安が入り混じる時期です。

突然ですが昨日読んだ日刊工業新聞の記事が凄く興味深かったのでご紹介します。

就活生へ、世の中には5パターンの仕事しかない。早めに全部経験しておこう
https://newswitch.jp/p/12258

かいつまんで書くと、

0-1… ゼロからイチを作る、つまり新規事業立ち上げ、商品開発など
1-9… 既存のサービスの売り上げを伸ばしたり、育てて行く仕事
9-10… 商品の完成度を高めたり、細かい文章を校正したりする仕事
数字を下げない… 商品・サービスの品質を下げないよう付加価値を提供する仕事
マイナス-0… 医者や難民支援など

すごくわかりやすいですよね!

TUKTUKにおきかえてみると、マイナス-0以外の仕事は社内に全部あります。
小さい会社なので、全員が全部しないといけない感じですが、やはり得意不得意があるので
なんとなく分担されています。

でも日々、楽しくもあり、苦しくもあるのがやはり、ゼロイチです。

あっという間に生まれるものもあれば、延々出てこないこともあり。
1になっても10にまで育たないことも多いので、
1がたくさん揃ってないといけないんですが、これがなかなか難しくて。

日々、アイデアをポンポン出す機械でもあればいいのにと思いながら暮らしています。

もし、我こそは!と思われる方がいらっしゃれば、ぜひ履歴書を持って弊社までお越しください!

8割本気です。

いやほんとに。そろそろ新しい仲間を本気で募集しようかなと思ったりもする春なのでした。

おわり。


おすすめ

1

海外の童話にたびたび登場するイースター。七面鳥を食べるイベントなのか?(違う)たまごを探すのか?子ども心に一体何のイベントなんだろうと思っていましたが、正しいことを知らないままに、大人になりました。 ...

no image 2

年が明けると、3月で卒業してしまうお兄ちゃんお姉ちゃんたちに記念品を・・・と考えていらっしゃる団体の方が結構いらっしゃるのではと思います。 新生活で使えるものや、色紙などをプレゼントされるケースも多い ...

-工作こぼれ話

Copyright© TUKTUK子ども工作館よみもの , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.