カッコ悪くったっていい!

投稿日:

こんにちは、店長はまぐちです。

プライベートな話で恐縮ですが、この週末は、息子の保育園の運動会でした。

不安定なお天気で、何日も前から心配していたのですが、当日は予報を信じていったん決行されたものの、雨で途中延期という前代未聞の事態になってしまいました。

それでも二日目はお天気に恵まれ、青空の下、一生懸命がんばる子供たちの姿を見ることが出来ました^^

玉入れやかけっこなど、プログラムは色々あったのですが、、一番盛り上がったのは、なんといっても親子競技。
3チームに分かれて、大きなパンツに親子で入って走るという親子リレーです。

皆で協力しあってパンツを脱ぎ着して、小さな園庭の短いコースを親子で必死で走って次の人にパンツをまわして。
結果発表のときは飛び上がらんばかりでした。(2位だったんですが)

いやー、楽しかったです。

自分が小さい頃は、運動会なんて、ただただ面倒でだるくて、何のためのイベントなのかサッパリわかりませんでしたが、親になってみれば子どもより必死です。

運動会って大人のためのものだったんですね?!(違う)

今から思えば、別に不得意なわけではなかったのに、どうしてあんなに運動会が嫌いだったのか。自分が好きな事以外、一生懸命になれない子どもでした。息子にも少しそういうにおいを感じます。

でもイベントなんて、楽しんだもの勝ちですから、これからも親としてちょっとカッコ悪くても、遊びも仕事も全力で、子ども以上に楽しんでいる様を見せつけたいと思います!

なーんて、その反動で、さらに冷めた子どもになったりして・・・^^;


おすすめ

1

海外の童話にたびたび登場するイースター。七面鳥を食べるイベントなのか?(違う)たまごを探すのか?子ども心に一体何のイベントなんだろうと思っていましたが、正しいことを知らないままに、大人になりました。 ...

no image 2

年が明けると、3月で卒業してしまうお兄ちゃんお姉ちゃんたちに記念品を・・・と考えていらっしゃる団体の方が結構いらっしゃるのではと思います。 新生活で使えるものや、色紙などをプレゼントされるケースも多い ...

-工作こぼれ話

Copyright© TUKTUK子ども工作館よみもの , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.