FAQ: 粘土キャンドルのばら売りについて

投稿日:2011年2月2日 更新日:

いつもありがとうございます!

最近、粘土キャンドルもかなりメジャーになってきまして、
ボールキャンドルやカラーシートをばらでご購入いただけることが増えてきました。
ありがとうございます^^


キャンドル材料はこちらのページで販売しています。

私たちとしては、本当はそっちの方が良いと思うんです。

めいめいが自由な発想で好きなものを作るためには、
ボールキャンドルと、カラーシートをばらで、
いろんな色を取り混ぜてご購入いただく方が絶対作りやすいです。

ただそうなると、イベント時間が読めなくなってしまいますし、
何を何枚用意したら良いのか予想がつかず、たくさん買っていただくことになるので、
てきぱき進めたい商業施設さんのイベントには
やっぱり作るものが決まった、粘土キャンドルうさぎ24人分セット、
とかのセット商品のほうがおすすめです。

粘土キャンドルのセット商品はこちら

そしてここから、よくいただくご質問について。

1.切り方の説明書や作り方の説明書を、ばら売りのときもつけてもらえないのか?

申し訳ないのですが切り方の説明書や作り方は、
セット商品を買っていただいた方への特典となっております。
粘土キャンドルのセット商品はセットにしている加工賃や保管料などで
ばら売りよりも割高になっています。
その分として特典がついておりますので、ばら売りの方にはお譲りできません。
何卒ご理解くださいませ。

2.○○を何個作るためには何をどう買えばいいのか?

これは全てページ上で公開しております。
たとえば、粘土キャンドルパンダの場合。


粘土キャンドルパンダ
のページをご覧いただければ、セット内容と、その写真が掲載されています。
こんな風に。

image01.gif

ピンクとブラックが、それぞれ1枚ずつ付いてますよね。
つまり、一人につき、ピンクとブラックがそれぞれ1枚の24分の1。ということです。
それで必要数を計算していただければOKです。

じゃあ50人だったら?24×2枚=48で少し足りないから、3枚ずつ買わなくちゃダメ?

ということになりますが・・・これは、微妙なところです。

予備として買っていただけるなら、3枚買われた方が絶対いいです。
上手に作れなくて足りないという子どもさんもきっと出てきますから。
パンダについては、少し量に余裕があるので、2枚ずつでも足りると思います。

が、ほんとにギリギリの量で計算してカラーシートをつけていることもあるので
あとちょっと・・・!というときは、事前にお問い合わせいただいた方が無難です。

不安なときはお尋ねくださいませ。
どうぞよろしくお願い致します。


おすすめ

1

海外の童話にたびたび登場するイースター。七面鳥を食べるイベントなのか?(違う)たまごを探すのか?子ども心に一体何のイベントなんだろうと思っていましたが、正しいことを知らないままに、大人になりました。 ...

no image 2

年が明けると、3月で卒業してしまうお兄ちゃんお姉ちゃんたちに記念品を・・・と考えていらっしゃる団体の方が結構いらっしゃるのではと思います。 新生活で使えるものや、色紙などをプレゼントされるケースも多い ...

-Q & A

Copyright© TUKTUK子ども工作館よみもの , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.