ページの先頭へ

TUKTUK子供工作館 > 季節のイベント > お正月の工作 > たのしい羽子板セット(2枚入)

たのしい羽子板セット(2枚入)

たのしい羽子板セット(2枚入)

エコイベント

商品番号 204901139

今期分完売しました。ありがとうございました。
木製の羽子板のキットです。羽子板と羽根が2つずつセットになっていますので、自由に絵を描いて仕上げて、お友だちや家族と羽根つきを楽しんでくださいね。お正月のイベントにおすすめです。

在庫:入荷待ち
一人分目安:686円 
イベント時間:30分 
サイズ:約33cm×9.5cm×厚さ1cm

販売価格1,371円(税込)

[13ポイント進呈 ]

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

ご注文後のご注文内容変更は原則承れません。
やむをえず数量変更が予想される場合は、買い物かごの通信欄にてその旨お知らせください。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

木製羽子板でお正月あそび

無地の羽子板と羽根の2枚セットです。
羽子板は、建築材などの端材を有効利用して作ったもので、子どもでも持ちやすい細いグリップに仕上げられています。羽根の黒い部分は「むくろじ」という木の実を使っているので、打つとカンカンといい音がします。
自由に絵を描いたり、彫刻したりして、オリジナルの羽子板を作りましょう!セットの千代紙を切って貼るだけでも、かわいいですよ。

同封の説明書に、羽子板の歴史や遊び方、羽根つきうたが載っていますので、参考にしてくださいね。お正月飾りとして飾っても素敵ですが、お父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃんに教えてもらって、一緒に羽根つきを楽しみましょう!

羽子板の歴史

室町時代に中国から伝わり、当時は、宮中で遊ばれていました。江戸時代には、歌舞伎役者の顔をかたどった押絵羽子板が大流行し、正月用品として市で売られるようになります。その後、遊びの道具として定着します。明治時代、東京の下町では、凧上げに羽根つき、こま回しなどが、交通妨害になるということで、禁止されたとか!?
今でも、「一年間、病気をしませんように」という願いをこめて、女の子の初正月(赤ちゃんが生まれて初めてのお正月)に羽子板を贈る風習があります。羽根が飛ぶ様子が、蚊を食べるトンボの姿に似ていることから、子どもが蚊にさされて病気にならないように、というおまじないの意味があるそうです。

ご注意ください

・羽子板の木の種類は様々です。
・自然のものなので、木目の出方や色合いは様々です。
・表面がざらついたり、ささくれが残っている場合があります。紙やすりで軽く削ってからお使いください。
・千代紙の種類は、セットによって異なります。
・周りにぶつかるものがない所で遊んでください。

【セット内容】
・羽子板 2枚
・羽根 2個
・千代紙 3枚
・紙やすり 1枚
・説明書


作り方

【準備するもの】
・マジック、ポスカ、絵の具など ・はさみ ・のり ・下に敷く新聞紙 ・布やテープ(グリップに巻く場合のみ)

まず、木のささくれが気になる場合は、紙やすりで削ります。羽子板の片面に絵を描いたり、千代紙を貼ったりして、飾り付けるだけで完成!もう片面は、羽根を打つので、何も描かないでくださいね。もしグリップが痛い場合は、お好みで布やテープを巻き付けてください。

自由に絵を描きます。

千代紙を貼ってもかわいい♪

広い所で遊んでくださいね!