ページの先頭へ

TUKTUK子供工作館 > 季節のイベント > ハロウィンの工作 > 粘土キャンドルキット(ハロウィンかぼちゃ)24人分

粘土キャンドルキット(ハロウィンかぼちゃ)24人分
粘土キャンドルキット(ハロウィンかぼちゃ)24人分

粘土キャンドルキット(ハロウィンかぼちゃ)24人分

商品番号 209900185

体温で温めるとやわらかくなるロウを使って、粘土感覚で作る手作りキャンドルキット。
ハロウィンイベントにおすすめ!

在庫:あり
一人分目安:312円 
イベント時間:30分 
サイズ:ボールキャンドル:直径3.5〜4cm

販売価格7,490円(税込)

[69ポイント進呈 ]

数量
ご注文後のご注文内容変更は原則承れません。
やむをえず数量変更が予想される場合は、買い物かごの通信欄にてその旨お知らせください。
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

9月〜10月のイベントシーズンは、粘土キャンドルシリーズは大変ご注文が多く、在庫の確保が難しくなることがあります。お早めのご発注をおすすめします。

粘土キャンドルって?

体温でやわらかくなるロウ(カラーシート)を、粘土のように自由にかたちを整えて、ベースのまるいキャンドルに貼り付けるだけの簡単手作りキャンドルです。
カラーシートは、ロウなので、紙粘土のように空気に触れて固まることがないため長期保管がしやすく、少量でもよく伸び、外れてしまっても、再度あたためてやわらかくすると、何度でも貼り付けることが出来ます。年齢を問わず楽しめ、特に道具も要りません。


ご注意ください

【セット内容】
・ボールキャンドル白色(直径4cm) 24個
・カラーシートオレンジ 3枚、カラーシート緑 1/2枚、カラーシート黒 1/2枚
・作り方、1人分のカットの仕方参考シート 1枚


作り方

【所要時間】約30分(夏の場合)
【準備するもの】
●カッターと定規 ●ウェットティッシュ ●お湯またはハンドカイロ(冬場のみ)

この写真はハロウィンかぼちゃではありませんが、こんな感じで粘土遊びの要領で簡単にお作りいただけます。

ハロウィンかぼちゃは、ボールキャンドルをオレンジのシートでくるみ、黒いシートで目と鼻を作り、緑のシートでつるの部分を作ります。オレンジシートを巻いてから、表面部分をへらや爪などで筋を入れると、より一層かぼちゃらしくなりますよ。ちょっとつるの形が難しめです。

作り方は、こちらのページをご参考になさってください。
イベントTips:粘土キャンドルの作り方


粘土キャンドル関連動画 ご参考にどうぞ 

○カラーシートの切り方
○ペンギンの作り方

お客様の声より

毎回みんなが笑顔になるので、うれしいです!

091014kabo1.jpg 091014kabo4-225.jpg
091014kabo2-215.jpg 091014kabo3-215.jpg 091014kabo5-215.jpg

本日、キットをつくってのレッスンを開催しました。みなさま、とても表情豊かに。楽しんで作っていました。(ブログはこちらから)今年は2回目になりますが、毎回みんなが笑顔になるので、うれしいです!次回はクリスマスキットをお願いしようと思います。去年は小学生対象のイベントを行いました。ママとあかちゃんのトータルサロン EL PATIO様

 

見せたとたん、 「うわ?!」「可愛い!」という歓声が

毎年行っているハロウィンパーティーのクラフト作りで今年初めて市販のキットを使うことにしました。
小学校低学年の子でも一人でできて、パーティーの時間内に完成するもの、と探していたところ、こちらの製品がぴったりだったんです!
子供達の反応は、「こういうものを作りまーす!」と見せたとたん、「うわ?!」「可愛い!」という歓声が。
30分くらいで仕上げたかったので、黒の顔のパーツと緑の葉の部分(?)用の蝋シートは一人分づつに予め切り分け、細かい作業もできるように竹串とともに一人用のセットをつくっておきました。白い蝋のボールを覆うため、オレンジの蝋シートを薄くのばすのが子供達の手の暖かさだけでは足りなかったようで、用意しておいたドライヤーが役に立ちました。
お値段もリーズナブルで、持ち帰って飾る事もできたしとてもよかったです。また教室のイベントでお世話になるかもしれません。 よろしくおねがいします。

(東京都 スマイル英語教室様)

粘土キャンドルのお客様の声は他にもたくさんいただいています。こちらからどうぞ!