ページの先頭へ

TUKTUK子供工作館 > etc > 工作キットの作り方 > 電子工作キット ソーラーフロッグの作り方

ソーラーフロッグの電子工作に挑戦!

 

なかなか本格的な電子工作です。

スタッフが作っている様子をご紹介しますので、作り方の参考にしてくださいね。

詳しい作り方は説明書をご覧ください。

ソーラーフロッグのご購入はこちらからどうぞ。

【準備したもの】 ドライバー はさみ 本当はニッパーが要りますがなかったのではさみで代用しました。60W以上の白熱灯。


    まずは、ソーラーフロッグ工作キットをご用意ください。


    まず一番初めに、ソーラーパネルを白熱灯にあて、モーターが動くかどうかを確かめてください。


    万が一、組み上がってから初期不良に気づいた場合、組立の労力が無駄になってしまいます。
 

  • 部品を切り離して、組み立てていきます。

    上にも書いていますが、ニッパーがなくても作れるといえば作れるのですが、

    切り残しがあることで、見た目が不細工だったり、はまるべき場所に部品をはめずらくなったりします。




  • パーツにバネをひっかけるんですが、

    バネが小さい!

    後ではずれないよう、説明書の通り、きちんとひっかけてください。

    ここは大人がやってあげる方がいいかもしれないですね。

  • これらをカエルの体(半分)に差しこんで―



  • さっきのバネをひっぱって、中にひっかける。

    ここが難しいです!!

    結構バネをひっぱる力も要ります。



  • 次にギアをとりつけてー

  • 黄色と白のギアもとりつけます。


    ここのかみ合わせは重要です!

    必ず説明書をよく見て、ギアの順番が間違っていないか、かみ合わせがうまく出来ているかチェックしてくださいね。

  • いよいよソーラーのモーターです。

    こちらのモーターのシャフトにギアを差しこんで・・・


    このピニオンギア、ものによっては穴が小さくて、差しこみがすごく固いものがあるので、力任せに差しこんでシャフトを折ってしまわないように注意してください。


    うまく入らない子がいたら、大人の方が手伝ってあげてくださいね。

  • リード線をねじります。

    ねじねじ。

    これも力任せにねじってリードを切ってしまわないように。

  • リード線を配線してモーターを固定します。


    ギアに線が触れないように。

    モーターのギアが、本体のギアとうまくかみあうように、説明書をよく読んで設置してください。


  • もろもろ省略して、合体!

    次に、本体をネジで固定してしまうのですが、固定してしまうと、万が一動かなかった場合、また分解するのが大変です。

    固定する前に、この時点で、一度ソーラーパネルを白熱灯にあてて、きちんとギアが動くかを確認することをオススメします。


    写真のように、本体パーツをぎゅっとおさえて固定した状態で光を当てて、モーターが動き、ギアが回るかどうか確認してください。




  • 固定するために使うドライバーですが、こういう普通のドライバーは全部ダメでした。


    時計用など、精密機器用のドライバーをご用意ください。

  • それでは固定します。

    結構かたいです。

    ドライバーに慣れないお子さんには、ちょっと難しいかも。

  • 足のパーツをつけます。

    説明書によると、このパーツを逆方向に回したり、変な方向に回したりすると内部のバネがはずれてしまうらしいです。


    ここまでこんなに頑張って組み立てたのに、もう一度分解して一からやりなおしになるのは、相当ショックですので、ここは大人が見守っている中で慎重に組み立ててください。


  • 足パーツをとりつけます。

    もう片方の足も、左右の足が同じ角度になるように注意してとり付けます。

  • 最後に目玉シールをはります。

  • 完成〜!
 

 

まとめ

所要時間は、箱には45分と書いていますが、大人がゆっくりめに作って30分くらい。ただ上記の通り、小学生が作るならば、気をつけたい部分がありますので、イベントの場合は色々説明したり、大人がサポートしたりで、やはり45分から60分くらいはかかると思います。

動作確認のために、必ず白熱灯はご用意ください。室内だとまず動きません。屋外でも曇りの日は動きません。

普通は使いませんが、万が一パーツの大きさが合わない場合のために、カッターやキリを主催者さま側で少しだけ用意していただいた方がいいかもしれません。

ソーラーフロッグのご購入はこちらのページからどうぞ。