子どもの感性を育てるということ

こんにちは、店長はまぐちです。

先日も触れた通り、わたしには4歳の息子がいます。
毎日、保育園に送り届けてから出勤しているのですが、
多くの働く母がそうであるように、朝はバタバタです。

とにかく保育園嫌いな息子を
毎朝、なだめたりすかしたり、我慢できず怒鳴ってしまったり(^^;しながら
何とか自転車に乗せて、必死で自転車を飛ばして行くのがお決まりです。

ですがアラフォーともなりますと、体に色々気になる事がありまして
3月から出来るだけ自転車を使わずに歩いて行くことにしました。

自宅から保育園まで、子どもの足で20分ほどの距離です。

はじめは、ただでさえ支度に時間がかかるのに、
ましてや自分の足で歩かせるなんて難しいと思っていたのですが、
なんと初日は、小走りで15分弱ほどで着きました。

そして次の日から、「行かない」とあまり言わなくなりました。
毎朝「今日は走って行く」「今日は歩いて行く」と、以前に比べるとすっと家を出てくれるようになったのです。

どうして歩いて行くのがいいのか聞いてみたところ

「だってじてんしゃだったらなにもできないもん」
「”なにも”って?」
「こういうの(道中拾ったデジカメのシャッターボタン)みつけたり、はしったり、ジャンプしたり」

それを聞いて、はっとしました。

つい、子どもの感性や知性、運動能力をはぐくむために良かれと思って、
休日を削っていろいろ習い事をさせたり、
感性が育つと聞いたおもちゃなどを買ってきて与えたり、
なにかと先回りして教えたりしがちですが、
子どもの感性や生きる力が育つ事っていうのは、
そういうことじゃないんじゃないか、と。

わたしもこういう仕事をしているので、
子どもの感性についてや、どういう教育の仕方があるのか、など
少し勉強しました。

とある本の中に書いてあった、
子どもを森で育てると、特にわざわざ知的な教育をしなくても、
自分でやる気になったタイミングでみずから勉強して、
普通のカリキュラム通りに学んできた子と同等以上に追いつくという話。
ご存知ですか?

わが子もいつかそういう教育を受けさせてみたい、と、憧れを抱きました。

ですが、もしかすると、森は、自分で考えたり、工夫したりする機会を与えてくれる”きっかけ”、なのではないでしょうか。
毎日森で過ごしていれば、それはもう色々な課題が見つかり、自分でクリアしていく力が身に着くことでしょう。

でも、都会でも、ただこうやって一緒に歩くだけで、なんと発見の多いことか。

自分の足で歩いて、大人から見たらゴミにしか見えない宝物を発見したり、
自分が決めたルールで線をふまずに歩いたり、
段差を見つけてはのぼって、おりて、ジャンプして。

先日描いた、工作の話にも通じますが
大人にとっては無駄で、時間がいくらあっても足りなくて
危なっかしくてしょうがない、何の意味もないような事が
きっと子どもには、とても大事なことなんですね。

頭ではわかっていたつもりでしたが、でも実際は全然わかっていなかったようです。

森ほどではないにせよ、その気になれば、まだまだたくさん出来ることはありそうです。これからも子どもを通して、色々な発見が出来ると思うと、ちょっとワクワクします。

明日も朝の用意を頑張って、歩いて出かけたいと思います。


大人のエゴと子どもの工作

こんにちは、店長のはまぐちです。

最近私やスタッフの子どもが、工作キットのサンプルを作ったり、商品ページに登場したりしているのはお気づきかと思います。みんな4~8歳と、ちょうど弊社の工作をするにはピッタリの年代に入ってきて、色々と作ってくれて助かっています。

工作って自由なものですから、子どもたちには、自由に、素敵に、楽しく、作ってくれたらいいなあ~と、日々願ってやみません・・・・

な~んて言いつつ・・・

正直な話をしますと、商品サンプルは、あくまで商品の見本となるものですので、出来ればフォトジェニックな(写真にして素敵な、写真うつりがいい)ものにしていただきたく、ついつい、口を出してしまうのです。

はい。絶対子どもにはよくないですよね~

このこいのぼりを息子が作っているときも、「今、すごく色綺麗だから、ここで止めよう!」と、途中で色塗りをストップさせてしまいました。
でもきっと彼は、もっと何度もアクリル絵の具を塗り重ねたかったに違いないんです。色が混ぜ混ぜになって、最終的に、えもいわれぬ色になったとしても!

それを思うと本当に申し訳ない気持ちになります。工作ってそういうもんではないよね…もっと自由なものだよね…と…。

余計な手出しをすることで、いつしか工作の”楽しい”という気持ちが、”面倒”に変わってしまうかもしれません。

そうなると一体何をしていることやらわからないですよね。楽しさを作り出すための工作を売るために、工作が嫌いな子を生みだしてしまうなんて。

出来上がりに本人も満足しているのが救いですが、次回こそ、口を出すのを我慢して、大人の私からみたらどんな仕上がりだったとしても、彼が気のすむまでやらせてあげようと反省するのでした。

だってそれこそが、本当の「子どもが作った商品サンプル」ですものね。


透明水彩を習っています

おはようございます。店長のはまぐちです。

今年度のはじめごろから、会社に先生を招き、水彩画を習っています。三原色で描く透明水彩の講座です。

当店の工作は、ほぼ「絵を描く」工作なので、スタッフ一同、絵を描くことへの恐怖感を減らす目的があったのですが、始めてみると、透明水彩はかなり特殊、というか本格的な技法で、ただ、鉛筆で絵を描くこととはまったく違っていました。はじめて描いた日は、思いのほかうまく描けず驚いたことを覚えています。

力を抜くことの難しさ、美しさ

水彩の良さは、なんといっても下書きの絵が多少へたでも、色を塗るとなんだか上手に見えるところです。特に先生の筆先は魔法のようで、ちょいちょいっと適当に簡単に描いて素敵な1カットを仕上げてしまいます。

そして、その「適当」さ、こそが、どうやら透明水彩の妙…。素人の私たちは、つい、見たまま全部描いて、線の内側を全部塗りつぶそうとしてしまいます。「全部描かない」「全部塗らない」ことは本当に難しい!

初回の講座では、先生の「それ以上触らない!」というストップの声が飛び交い、それでもやっちまった~という場合には、先生の修正が入りまくっていましたが、回を重ねるごとに、かなり自分たちだけで描けるようになってきました。

 初回の作品

 2月の作品

 

全部描かないでいいところだけ描く、いい感じに力を抜く、という技は、いわゆる「センス」なんですよね。センスは生まれつきのもので、無いものは仕方ないと思っていましたが、経験と技術で磨かれていくものだったとは・・・

商品サンプル作りでも、良い感じに生きてくると嬉しいです。


ブローチとバッジの違い?

こんにちは、店長はまぐちです。

今日は、暮らしの中にひそむ、ソボクな疑問について、つっこんでいきたいと思います。

ある日、寄木細工のブローチの名前を決めるときに、ふと湧いた疑問。

「これって・・・ブローチなの?バッジなの?」

 

木のバッジ、間伐材のバッジ、など、TUKTUK子ども工作館の商品の中に「バッジ」はたくさんあります。対して、「ブローチ」は初。

なんとなく「寄木はブローチ」な気がするのですが、漠然とした印象でそう思うだけで、きちんとは説明できません。

今回あらためてきちんと調べてまとめてみました。

===================

私たちの勝手なイメージとしては、

・ブローチ:大人っぽい。アクセサリー的なイメージ。
・バッジ:子どもがつけるものはバッジ?缶バッジとか・・・

果たして、ブローチとバッジの違いはどこにあるんでしょう?
Wikipediaに尋ねてみたところ、

ブローチ:衣服に装着する装飾品

バッジ:主に衣服の襟部分又は胸部分に付ける、付けている者の「所属」、「資格」、「職位」、「階級」、「経歴」、「功績」等を、図式化等のデザインにより表す徽章・記章のこと

年齢はまったく関係ありませんでした!

つまり、それ自体に何か意味があるものがバッジ。
アクセサリーとして使うものがブローチ。ということですね。

今回の寄木のブローチは装飾品としての工作キットのため、ブローチで正解でした!

 

でもそれを知ってしまうと、たとえばボーイスカウトの皆で、木のバッジを作ろう!なんていう使い方は、きっと「バッジ」で合っていますが、

本当はこんな間伐材のバッジは「ブローチ」と言いかえてもいいですね。

これからは、間伐材バッジシリーズのことは、心の中で「ブローチ」と呼ぶことにします。

皆様も、ブローチとバッジの違い、誰かに教えてあげてください^^


Facebookに表示されなくなってしまいました→解決済み

こんにちは、TUKTUK店長はまぐちです。

以下は今朝書いた記事です。幸い1日も経たず解決して、再び表示してもらえるようになりました。結局はFacebookさんの勘違い・・・ということだったのでしょうか?謎です。

やったことといえば、Facebookに「間違いじゃないですか?」と通報して、引用文を使っていたところを引用じゃなく普通の文章にして、過去記事でFacebookについて書いていた部分を削除して、色々な人に相談したこと位です…。もし同様の症状でお困りの方がいらっしゃったら、参考にしてみてください。

まあ、この事件のおかげで、セキュリティ会社の診断でも安全なサイトということがわかったので、良しとしましょう。ご心配いただいた皆様、どうもありがとうございました。


ようし、今年はブログ頑張ろう~と思っていた矢先、
今朝、突然Facebook様より決別宣言をされてしまいました…。

昨日書いた、工場の廃材で工作キットの話をFacebookにシェアしようとすると、エラーになってしまうのです。

どうやらこのブログに望ましくないコンテンツがある、というようなエラーなのですが、誰かの悪口を書いているわけでもなし、パクった写真を使ってもいないし、変なサイトにリンクを貼っているわけでもなく、全く身に覚えがありません。

トレンドマイクロのサイト診断でも、安全なサイトと表示されるので、皆様、引き続き安心してご覧ください。

ですが今まで皆様からこのブログの記事にいただいた「いいね!」の数も、ぜーんぶゼロになってしまい、非常にせつなく申し訳なく…。今は表示を消しました。

離れ小島のようなこのブログ、Facebookに更新をお知らせすることで成り立っているようなものなので、締め出しをくらうのは正直痛いです。

そんなわけで、ブログの引っ越しやデザインの変更、過去記事の削除など、今後色々変更させていただくことになるかと思います。あらかじめご承知置きください。

幸い、お店の方は大丈夫ですので、商品ページは今まで通りFacebookなどでご紹介いただいても全然問題ございません。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。


工場の廃材で工作キット開発

こんにちは、TUKTUK店長はまぐちです。

この時期は弊社の仕事に関係のある業界の展示会がたくさん開催されています。
いつも工作キットの素材を探して歩いている工作館にとっては、展示会めぐりは欠かせない仕事です。

普段のキット開発では、どうしても、加工や入手が簡単な木や紙の素材に偏りがちです。新たな素材はないかと、立ちよった製造メーカー向けの展示会で、とある経営者さんと出会いました。

廃材で工作キットが出来ないか?

「工作キットを開発していて、素材を探しているんです。」

こちらがそんな話をしても、ピンと来て話をしてくれる会社はそう多くはありません。そんなときに、言ってくださったこの一言。
「部品を作る時に、どうしても余りパーツがたくさん出るんだけど、捨てるのももったいないし、何かに使えないかな~」

そういうお話を待ってました~~!!

実際、工場の廃材を探しているのですが、出会って数秒で向こうからそんなお話を振ってくださるなんて、まずありません。ビビっと来ました。

そうして早速、会社にパーツを持って来てくださいました。
いただいた箱から出てきたのは、機械の部品、ボタン、端材、などなど・・・

誰でも知ってるメーカーの工場の機械とか、信号機や電車のパーツとか・・・そう言われれば見覚えがあるような・・・

日本のメーカーは品質チェックが大変厳しいそうで、少しの傷やバリは不良品として廃棄することになってしまうそうです。私の目では何がどう悪いのかサッパリわからない綺麗な部品です。

元の用途では使えなくても、工作キットとして生まれ変わらせることが出来れば、作ったメーカーさんはもちろん、キットを販売する私たち、良いと思い買ってくださるお客様、工作を楽しんでくれるお子さん、全員がハッピー♪ その上、産業廃棄物も減らせて良い事だらけです。

今までも廃材を使った万華鏡や、不良品のボタンを使った工作キットなどを販売してきましたが、いずれも人気で廃材の供給が間に合わないほどでした。今回も限定数での販売になるとは思いますが、何らかの形でぜひ実現したいです。


(2015年に販売した、ボタンの廃材を使ったキット。あっという間に完売してしまいました。)

これからも色々な業界の方とお知り合いになって、色んな廃材を組み合わせた工作キットを開発出来たら~・・・なんて夢は広がります。
工作キットになりそうな廃材をお持ちの経営者様、ぜひご連絡ください^^


学童や小規模な子ども会などの卒業記念品におすすめのキット3選

年が明けると、3月で卒業してしまうお兄ちゃんお姉ちゃんたちに記念品を・・・と考えていらっしゃる団体の方が結構いらっしゃるのではと思います。

新生活で使えるものや、色紙などをプレゼントされるケースも多いと思いますが、皆で1つのものを作ってプレゼントしてみるのはいかがでしょう?

1.木でつくる万年カレンダー

perpetual-calendar600

立方体に、文字を書き込んで作る万年カレンダー。
自分で作るならば、平日の色の文字と、休日の色の文字の2種類だけ書いておけばいいのですが、この中にこっそりプレゼントされる方へのメッセージを潜ませたり、かわいいイラストなどを皆で手分けして書いてプレゼントしてみてはいかがでしょう?

perpetual-calendar3

表は普通のカレンダー。でも、うまくブロックを裏返せば・・・dsc_2545

お祝いメッセージが現れる!なんてどうでしょう。dsc_2549

つらくなったとき、カレンダーの裏に書いてある皆からのメッセージを見て、頑張ろう!と思ってくれたら嬉しいですよね^^

木でつくる万年カレンダーのページはこちらからどうぞ

 

2.お花のリースカード

paperplateflowerwreathmain

飾れるお花のカードリース。色紙の代わりにこんなかわいい丸いリースに寄せ書きしてみてはどうでしょう?インテリアとして飾っておくこともできます。文字を全部緑色で書けば、遠目で見ると模様に見える・・・かも・・・(笑)

p1180369_6001

裏に紙を当て、こんな風に真ん中にメッセージを書くのもアリです。「○年卒業記念」みたいな文字を書いてもいいですね。お花はぜひ皆で手分けしてかわいく作ってくださいね。

お花のリースカードのページはこちらからどうぞ!

 

3.アラーム付きクロックキューブ

alarmclock-title689

アラーム付きの手作り時計キットです。ただ、アラームはかなりマイルドな音なので、朝に弱い人はちょっとこの音で起きるのは難しいかも・・・?でもシンプルで小ぶりなので、インテリアの邪魔にはならず、使っていただきやすいと思います。

2074_1

組み立てはとても簡単で10分ほどで組み立てられます。でもプレゼントとなると、やはりその人らしいカラーリングをしてあげた方が喜ばれると思います。
今回は卒業記念品なので、中学生男子っぽくアメカジ風に仕上げてみました。

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%a4%e3%81%8d%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%96%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

アクリル絵の具で着色した後、ニスなどは塗らず、100円均一で購入してきた転写シートを貼り付けました。送る側のお子さんたちも転写シートなら楽しく取り組んでくれるのではないでしょうか?

さらに大人っぽい仕上げにするなら、絵の具ではなく、オイルステインなどをホームセンターで購入してこられると、かなり男前に仕上がると思います。お試しください^^

アラーム付きクロックキューブはこちらからどうぞ。

今日は少し早いですが、卒業記念品について考えてみました。
せっかくのプレゼントですから、もらった人に喜んでいただけるといいですね!


年賀状の整理にぴったりのブック型ボックス

12月に入り、ようやくクリスマス気分が盛り上がってきた今日この頃ですが、
同時に年末年始の準備も進めていかなければいかないですね。

お子さんが小学生くらいになると、年賀状のやりとりも始まってくると思います。
これからは、お子さんの分のはがきはこんな箱に入れて収納していってはいかがでしょうか?
お子さん自身が楽しみながら自分で作って、自分で片付けてくれること間違いなしです。

bookboxmain

ベースは白いダンボールの箱ですが、色を塗ったり、ラッピング用の紙を貼ったりすれば、個性的な仕上がりに。何より嬉しいのは手軽に本棚に並べられることです。

imgp8962_600

深さは2.8cmほどなので、頑張れば官製はがき120枚ほど入ると思います。
ただ気をつけていただきたいのは、そのままではふたがパカっとあいてしまうこと。
年賀状は薄いですから、少し隙間があるだけでも、何かのはずみで落ちてしまうことがあります。

imgp8957_600
cimg8580_600

そんなときはこうやってリボンをつけていただくか、

imgp8988
面倒であれば、手軽にゴムなどで留めていただくだけでOKです!(輪ゴムは経年劣化するのでご注意ください)

何かと気ぜわしい12月、気付くとあっという間に過ぎていきますよね。
お子さんの物は、出来るだけ自分で進んで片付けて欲しいものですね。

ダンボールクラフト・ブックボックス(10人分)はこちらで販売中です!


間伐材バッジとキーホルダーイベント

img_0732_600_gf

img_0729_600_gf先日は、堀江のイベント、にし恋マルシェに参加してきました。

おかげ様で今回も大盛況でした^^ ありがとうございます!

写真を撮る余裕があまりなかったのでほとんど無いのですが・・・(汗)
外は大雨が降ってきた時間もあったようで、外にいた方は大変だったようです。こちらは室内会場で難を逃れました。

今回は、間伐材のバッジ作りと、革のキーホルダー作り。
間伐材バッジは、マスキングテープを貼ったサンプルも用意してみましたが、色を塗るのが苦手な小さなお子さんにimg_0735_600_gfはピッタリでした。
端の処理だけ、大人が綺麗にしてあげればok。テープなら、一瞬で出来上がってしまうので、ひとりで何個も作って、親御さんを困らせるお子さんも^^; 散財させちゃってすみません。

キーホルダーは、小さなお子さんには難しいかな?と思っていたのですが、4歳くらいのお子さんでも、親御さんやご姉妹で一緒に頑張って作られていました^^

これから良い季節になり、全国でも色々なイベントが増えて、楽しみですね!
もし、どこかのイベントでTUKTUKの商品を見つけられたら、ぜひ参加してみてくださいね~

 


工作キットの新作が生まれるまで

TUKTUK子ども工作館では、販売だけでなく、多くの商品を自社で企画開発しています。

商品ページで、買い物かごに入れるボタンの上に、
このマーク

がついているものが、自社開発商品です。

今日は、どうやって開発しているのか?少しだけお話します。
工作キット新作の開発には、たいていは2パターンのアプローチがあります。

A. 作りたい商品のイメージがある場合。
B. すでにある材料を使う場合。

どちらにしても、険しい道のりなのですが、一つずつご紹介していきましょう。

 

A 作りたい商品のイメージがある場合


Aの場合、すでにイメージがあるので、完成形を目指して、弊社商品の価格帯に合わせて、材料を探して集めていきます。

でもほとんどの場合、良い素材が見つかりません。ネットやお店、色々な会社に電話したり加工屋さんにお願いしたりするのですが、結果、価格が高すぎてとても売れないという顛末になることがほとんど。。。

日本にないからと海外から取り寄せてみたら、イメージと全然違ったり、納期がめちゃくちゃ長くて間に合わなかったり、大口での輸入が出来なかったり(涙)

前のシーズンが終わったら、次のシーズンを見越してアイデア出しをして、大体シーズンの5カ月前には具体的に進め出すのですが、上記の通り、結局そのシーズンには間に合わず、来年に持ち越しになることもよくある話です。

 

B すでにある材料を使う場合。


Aでの失敗を何度も繰り返した結果、いくつもの材料屋さんや取引先で、工作キットになりそうな素材を見つけたら、とりあえず大量に買っておくことにしました。それを元に、インスピレーションを働かせ、新商品を考えるわけです。

本を参考にしたり、街に出て行ったり、何か簡単な工作キットに出来そうなものがないかな~と探してみたりして・・・ そうやってひねり出そうとしても出てこないのがアイデア。

なのに、スタッフ同士の立ち話で急に思いつき、「こんなのいいんじゃない?こうしてこうして、ハイ、出来たー!」って、一瞬で開発した商品が、不思議と、一番人気が出るんですよね。まさに工作の神が降りてくるって感じです。

とはいえ、神が来てくれるのは稀で、使おうと思ったけどやっぱり今回は他の材料で、と次シーズンに持ち越しになるのも、やっぱりよくある話です^^;;

そして、このBの問題点は、めでたく商品となって生まれ変わる頃には、材料がすでに追加入手できない場合が多く、人気が出ても、限定数限りで終わらなければいけないこと。苦労して開発して宣伝しても、下手したら数社のお客様が買ってくださって、一瞬で販売終了してしまうことも・・・。 売り切れるのは嬉しいのですが、その後、せっかく買おうと思ってご注文くださったお客さまを全てお断りすることになってしまい、いつも本当に申し訳ない気持ちです。

 

この2パターンの他にも、アプローチの方向はありますが、やはり何かと時間はかかってしまうので、いつも出る、出る、といいながらカタログがなかなか出来ないのはこういうことをしているからなんですね~^^;

なんだかマイナスなことばかり書いてしまいましたが、そんなことをしながらも、やはり商品開発はとても楽しい作業です。商品になる前のアイデアだしの段階では、ひとまず好き勝手に作れますしね^^

皆様も、イベントをされる中で、何かいいアイデアや、お客様がこんなの作ってみたいって言ってたよ~というリクエストなど、お気軽にご意見をいただければ大変嬉しいです!

そして工作材料になりそうな布や手芸材料、木材、プラスチック材料など、正規品として販売できないアウトレット品、B級品を大量に持っていらっしゃるメーカーさん、買い取りもしておりますので、ぜひご相談くださいませ♪

TUKTUKの新商品開発は皆さまにかかっている!かも?!
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。