年賀状の整理にぴったりのブック型ボックス

12月に入り、ようやくクリスマス気分が盛り上がってきた今日この頃ですが、
同時に年末年始の準備も進めていかなければいかないですね。

お子さんが小学生くらいになると、年賀状のやりとりも始まってくると思います。
これからは、お子さんの分のはがきはこんな箱に入れて収納していってはいかがでしょうか?
お子さん自身が楽しみながら自分で作って、自分で片付けてくれること間違いなしです。

bookboxmain

ベースは白いダンボールの箱ですが、色を塗ったり、ラッピング用の紙を貼ったりすれば、個性的な仕上がりに。何より嬉しいのは手軽に本棚に並べられることです。

imgp8962_600

深さは2.8cmほどなので、頑張れば官製はがき120枚ほど入ると思います。
ただ気をつけていただきたいのは、そのままではふたがパカっとあいてしまうこと。
年賀状は薄いですから、少し隙間があるだけでも、何かのはずみで落ちてしまうことがあります。

imgp8957_600
cimg8580_600

そんなときはこうやってリボンをつけていただくか、

imgp8988
面倒であれば、手軽にゴムなどで留めていただくだけでOKです!(輪ゴムは経年劣化するのでご注意ください)

何かと気ぜわしい12月、気付くとあっという間に過ぎていきますよね。
お子さんの物は、出来るだけ自分で進んで片付けて欲しいものですね。

ダンボールクラフト・ブックボックス(10人分)はこちらで販売中です!


カテゴリー: 工作こぼれ話

店長はまぐち について

元システムエンジニア、剣道、ヨガとキックボクシングをたしなむ、病弱ななんちゃってアスリート、保育園児の母親。 カンタンで誰でも作れて、作ったものがみんなに喜ばれる、そんな工作をたくさんの人にお届けできるよう、日々頑張っています。