工作は答えを探す冒険

ほぼ日が好きです。毎日読んでいるわけではないのですが、たまにスタッフ間で話題にしたりしながら楽しく拝見しています。

そんなほぼ日で糸井さんが10年以上前に書いた

「勉強するくらいなら、遊べ!」

というコラムが紹介されていていました。興味があったら探して読んでみてください。

このコラムの中で、学校の勉強というものは、既知の答えがあるのに、大人になって社会で仕事を始めると、答えというものはないのがほとんどで、多くの人は戸惑う。というようなことが書かれています。

確かにニュースで、受験シーズを勝ち抜き、偏差値の高い大学を出た人でも、仕事になると先輩にやり方を聞いてばかり、という話を見たことがあるような。

そして、糸井さんいわく、誰にも答えがわからない問題を解くことを勉強したいなら、本気で遊ぶことだと。自分で問題を探し、夢中になりながら答えを探すこと、それはつまり「遊び」だと言うのです。

で、私、思いました。

TUKTUKで売っているものは、工作キット、つまり遊びの道具です。

よく折りに触れ書くことなんですが、工作って本来自由なものだと思うんです。

でも大人になればなるほど、出来栄えにこだわりが出てきます。
それが「見本と同じように綺麗に作りたい」という気持ちです。私も、とってもわかります、その気持ち…!SNS映えとか、何より普段使いするなら、自分好みのテンションが上がるものが良い!とか。

見本の通りに、設計図に通りに、忠実に作る、それは答えがある世界。

一方、もっと良くするために、こうしてみたらどうだろう?ああしてみたら?と、どんどんアイデアが湧いてアレンジして行く。それは答えが無い世界。

子どもたちが、いつも設計図のない世界に飛び出して行くのを見ると、本当に尊敬してしまいます。恐れず、勇敢に、自分が思った色を思いっきり塗ったり、切ったり貼ったり。

工作館の商品写真も、本当は、子どもたちが自由に作った商品をたくさん並べたらステキなのになあと思ったりもします。でも、私も答えが欲しい人間なので、つい大人受けする、まとまりの良い写真を使ってしまうのですが。

せめて、TUKTUKの工作キットが、子どもの答えを探す自由な冒険心に対し、大人が変な答え合わせをするためのものになっていなければいいなあと願います。


ファミリーデーをやってみよう

近年、外資系の企業を中心に、ハロウィンや、イースター、夏休みなどとからめて、お父さんお母さんの職場見学や、子どもたちが楽しめるイベントを盛り込んだ「ファミリーデー」に、家族に会社に来てもらう企業が増えているようですね。

弊社のお客様でも、ファミリーデーで子供向けのゲームやイベントとして工作キットを使うから、と、弊社の工作を選んでくださる方も増えて来ました^^
ありがとうございます!

弊社は、そもそもが小さな会社で、家族ぐるみで会社に参加しているようなところがありますので、赤ちゃんの頃は会社に子連れで出勤していたり、大きくなった今は商品サンプルを作りに来てもらったりと、よく職場に子どもがウロウロしています。ですので、改まって「親の職場を見学」とか「家族を会社に招待」という発想がなく、「ファミリーデー」を開催したことはありません。

でも今はパートさんも増えましたし、今年の春休みにでも開催してみたいと思います!ファミリーデーとやらを!

それぞれの子どもたちを集めて、工作の材料を並べ、自由に楽しく遊んでもらったら一体どんな作品が出来るのか、楽しみです♪

そういえばファミリーデーはしたことがありませんが、ハロウィンパーティーやクリスマス会は何度か開催したのでした。子どもが大きくなってくるとそういう行事もサボりがちだったので、ちょうど良い機会になりますね。


この頃はもの珍しくて色々頑張ってました^^;

無事開催できたら、またこぼれ話からレポートしたいと思います!


サーバメンテナンスのお知らせ→無事終了しました。

いつもありがとうございます。

2月13日(火)午前11時より、サーバ移転のため、一時的に、このお知らせブログと商品ページの画像が表示されづらい時間がございます。お買い物かごの機能は影響はございません。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今回のサーバ移転で、せっかく皆様からいただいた、ブログ記事へのいいね!の数が、またまたリセットされてしまいます(泣)。申し訳ありません。
セキュリティの高い良い環境を維持するためとはいえ、たびたびのメンテナンスによるリセット、悲しすぎます。

でもこれでしばらくは落ち着いて運用できると思いますので、これからもまた応援いただけると幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。


イースターって何?何のイベントをすればいい?

海外の童話にたびたび登場するイースター。七面鳥を食べるイベントなのか?(違う)たまごを探すのか?子ども心に一体何のイベントなんだろうと思っていましたが、正しいことを知らないままに、大人になりました。

そして近年、ハロウィンの台頭と共に、日本にもついにやってきました、イースター!大きなアミューズメントパークでイベントが始まると、一気に日本人にも広がってきますよね。昨年は、きゃりーぱみゅぱみゅちゃんもイースターの歌を出して、日本もいよいよ本腰を入れてきたな!という感じです。で、結局イースターって一体何のイベントなの?調べてみました。

イースターとは?

そもそもイースターとは、キリスト教のもっとも重要な行事で、イエス・キリストが死後三日目に蘇ったことを祝う復活祭のことです。キリスト教の各国では、クリスマス以上に、とても盛大に祝われているのだそう。

日本ではキリスト教の信者はそう多くはありませんが、なぜかクリスマスは、サンタにプレゼントをもらえる国民行事としてすでに浸透していますよね。イースターも、同じようにお祭りとして日本に浸透する日がくるのでしょうか。

イースターはいつ?

wikipediaによると、春分の日の後の最初の満月の次の日曜日、なんだそうです。東方教会と西方教会で計算が違うため、2パターンの日がある年が多いのだとか。(そもそも東方?西方?とか色々謎は多いですがサラっといきましょう)

とにもかくにも、今年2018年のイースターは4月1日、もしくは8日です。
おそらく商業施設は春休みのイベントとして狙いたいでしょうから、今年は1日にイベントが開催されることが多いと予想されます。

イースターってどんなことをするの?

イースターは、生命の復活と繁栄を祝うお祭りなので、たまごが死と命の誕生の象徴とされ、同様に、うさぎは多産であることから、西方教会のイースターのシンボルとなっています。
鮮やかに彩色されたたまご「イースターエッグ」がたくさん飾りとして使われ、イースターエッグを探す遊びをしたり、お菓子やご馳走を食べて、お祝いするそうです。

 

はい、そこでやっと本題。

イースターのイベントって何をすればいい?

普通は、イースターエッグハントをしますよね。
お店のどこかにタマゴの絵があるよ、見つけたらお菓子をプレゼント!みたいな。

でもそれじゃあ、どこでも同じになっちゃいますよね。

ということで、私たちが今年考えたイースターイベントのご提案がこちら!

たまごといっしょ(10人分)

たまごカプセルをかわいくデコって、たまごペンダントを作るイベント。
出来上がったあとに、お菓子や小物など、お子さんが喜びそうなものを
カプセルの中に詰めさせてあげると、なおGood!

イースター〇×ゲーム(10人分)

たまごとうさぎの マルバツゲームを自分で作る工作イベント。
形がかわいらしく、作ったあとも楽しめます。
家族で手分けして塗っても良いですね♪

うさぎの手鏡(10人分)

うさぎ型の台に鏡をはりつけて作る、うさぎの手鏡。
それなりに大きいので、サンプルを飾った時に見栄えがします!
持ち帰りのラッピングをかわいくしてあげるとより喜んでもらえると思います。


イースターエッグカード(10人分)

たまごにも、うさぎにも、ひよこにもなるイースターエッグカード。
マスキングテープを貼るカードのシリーズは
小さな子どもだけでなく、小学校中学年~大人にも人気があります。

うさぎのふわふわリース(10人分)
うさぎのふわふわリース(10人分)
春らしい、ふわふわのうさぎのリース。
ビーズにテグスを通していくだけで
簡単に出来るので未就学のお子さんにもおすすめ。

たまごの間伐材バッジ(10人分)
たまごの間伐材バッジ(10人分)
ちいさな間伐材バッジのシリーズは
不思議とひとりで何個も塗りたくなってしまうので、
続けて何回も参加するお子さんが毎回いる人気イベント。

サンプルとして色々なデザインを飾っておくと参加してもらいやすいです。
たまごの他、うさぎもありますよ。

 

いかがでしょうか。イースターエッグハント以外にも、うさぎやたまごを
テーマにした工作を考えてみました!

春のイベントとして、たくさんのお客さんが参加してくださるといいですね!


巷でインフルエンザ大流行です

こんにちは、店長はまぐちです。
皆様お元気ですか?

わが社は、いま社長がインフルエンザで出社を控えております。
保育園でも大流行中で、息子のクラスは30人中18人がお休みという恐ろしい状況。
いつ呼び出しがかかってもおかしくない中、なんとか持ちこたえてくれています。

そんな中、いつも元気なスタッフが、今朝からなんだかけだるげな怪しい雰囲気…。

いまだかつてなかったですが、わが社は社員4名という小さな会社なので、最悪本人や家族がインフルで全員欠勤という事態もありえますよね~。

幸い、夫の会社が、家族にインフルエンザ罹患者が出た場合は出勤停止という措置がとられているらしいので、もしも息子がインフルになっても私は出勤できるのですが、私がうつっては元も子もないので、早寝早起き、栄養をしっかりとって、がんばって健康でいなくては~~!

もし万が一、全員出社不可になった場合、緊急のお知らせはfacebookから出させていただきますので、電話がつながらずおかしいな?と思われたらfacebookをご覧くださいね。本当によほどの緊急事態じゃない限りそんなことはないとは思いますが^^;


関東方面への配達遅延について

いつもありがとうございます。

昨日から関東を中心に雪が降り続いたようで、
大変な状況になっている皆様には、お見舞い申し上げます。

この大雪の影響で関東方面への高速道路をはじめとした交通網がマヒしており、
関東方面への荷物のお届けが少なくとも1日以上遅れる見込みです。

お急ぎのところ、誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解とご協力の程、お願い申し上げます。


年賀状を送るということ

2018年が始まって、12日が経ちました。
十日戎も終わり、お店の方もいよいよ本腰で始動です。

去年からポツポツ書かせていただいている、この工作こぼれ話。
たいてい店のブログなんてものは、店長の自己満足が9割かと存じますが
商品情報ばかりだとなんだか事務的ですし、
今年も気の向くままにポツポツ書きつづって行きたいと思います。

さて、皆様は年賀状を出されていますか?

日本郵便によれば年々発行枚数が減っているそうで、
ピークは2003年の44億5936万枚、2016年は31億4208万枚だそうです。

周りでも、「もう今年からやめた」なんて声がちらほら…。
昭和時代から生きるものとしてちょっとさびしさを感じています。

ちなみに、私個人としては、むしろ時代に逆行し、個人で出す枚数は年々増えています。

というのも、5年前、息子が0歳のときのこと。
ちょうど巷で赤ちゃんの寝相アートが流行っていたので、
まだ歩けない息子を絵の一部に見立てて年賀状にしたのです。
それが好評だったので、調子にのって1歳のときも同じように寝相アートに。

それが自分で言うのも何ですが、本当に私が作ったの?というくらい
すごく素敵に仕上がってしまったのです。

それからというもの、
多くの方から「今年来た年賀状の中で一番だったよ」「来年も期待してるから!」
というお声をいただき、
それを聞いている横の人にも、何それ欲しい!と言われ
毎年、年賀状を出す数は増え、とても嬉しい反面、
年末が近づくにつれ、
「今年は何をテーマにしよう・・・」と、生みの苦しみを味わう日々。

2017年末も多くのプレッシャーに苦しみ、
ついに私事なのにスタッフ総動員でアイデアを出してもらい
年内になんとか完成し、無事2018年を迎えることが出来ました。

まあ、そこまで大きなプレッシャーを感じている方は
そう多くないかもしれないですが
誰でも多かれ少なかれ、「今年の年賀状どうしよう…」
という悩みはありますよね。

ただでさえ忙しい年末、こんなことやってられっか!と
やめてしまう人が増えているのもうなずける気もします。

そもそも、年賀状の良さって何なんでしょう。

親戚や友人の中でも、1年に1回きり、
年賀状を通してしか交流がない人も結構いて
たった数行でもメッセージがあれば、
元気にされてるんだなとか、子ども大きくなったな、とか
お正月からなんだかほっこりした気分になります。

反面、メッセージもなく、写真もなく、
ただ印刷されただけの定型文の年賀状を受け取った時は
若干残念な気持ちになるのは否定できません。

それに、その方との関係性によっては、
家族の写真は送って来ないで欲しいとかいう話も耳にしたりします。

SNSがなかった時代は、人との関係性は、親戚・地域・会社など、場所ごとで区切られ、お世話になった人にはお礼状を書く、年賀状を書く、というのが一般的でした。

でも今や、人とのつながり・関係性は多種多様です。
LINEや、メールアドレスだけ、FacebookやinstagramなどのSNSだけで繋がっていて住所は知らない、逆にSNSは繋がってないけど住所は知ってる、などなど…

SNSのリアルタイムな、あたりさわりのない投稿は
逆にこの人のここまでを見て良かったのかと思うこともあったりして。
コメントを書く時も、他の人にも読まれるし・・・と遠慮してみたり。
簡単につながれる分、逆に心の距離ははかりにくくなった気がします。

そんな中、年賀状は昔と変わらず、1年間にたった1回、薄い紙1枚きりの1対1の関係です。
そして去年書いたことに突っ込むのは1年後という驚くべきアナログさ。
いくらでも連絡をとる手段はあるのですが、そこを、あえて、1年に1回だけにするという。

平成になって30年も経ちましたが、
この、遠い距離感をあえて楽しむという年賀状という文化は、
なかなかオツなものだなと思うのです。

これからも、細々とでも、残っていって欲しいものです。


サンプルの販売を開始します。

いつもありがとうございます。

かねてから、サンプル購入や、人数調整のため、
少人数分のセットでばら売り出来ないかというお声を
多数いただいておりましたので、
試験的に、イースター・ひな祭りの商品の3人分セットのサンプル販売を開始致します。

説明書は、元商品の説明書をお付けしております。

少ない人数分での販売になるのでかなり割高になります。
2セット以上購入される場合は、断然10人分がお得になってきますので
誤ってサンプルをたくさん購入されないようご注意ください。

サンプル販売ページはこちらからどうぞ。


2018年の営業を開始いたしました!

あけましておめでとうございます。
TUKTUKとして無事15回目のお正月を迎えることが出来ました。
本日より元気に営業を再開しております^^
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。